So-net無料ブログ作成

裁判員裁判で初の死刑求刑か 男女強盗殺人、午後選任手続き 鳥取地裁(産経新聞)

 鳥取県米子市で昨年2月、会計事務所社長ら男女2人が殺害された強盗殺人事件の裁判員裁判が23日、鳥取地裁で始まる。死者が複数の強盗殺人事件は裁判員裁判で初めて。検察側が死刑を求刑すれば、裁判員が初めて極刑をめぐる厳しい選択を迫られる可能性がある。22日午後には裁判員らを選ぶ選任手続きが行われる。

 審理の対象は、強盗殺人や死体遺棄などの罪で起訴された米子市の会計事務所役員、影山博司被告(55)。

 起訴状によると、影山被告は昨年2月21日、米子市内で、勤務先の社長、石谷英夫さん=当時(82)=と同居の大森政子さん=同(74)=の首を電気コードやネクタイで絞めるなどし殺害。預金通帳や現金約7万円を奪い、2人の遺体を捨てたとしている。

 公判前整理手続きでは、2人の殺害については争いはないが、弁護側は「金目的の犯行ではなく、強盗殺人罪は成立しない」と主張している。審理は2月23日から4日間、連続開廷され、論告求刑は26日。判決は3月2日午後に言い渡される予定。

【関連記事】
人命奪う決断は嫌 鳥取で裁判員制度廃止求めデモ
女性会社員を暴行して殺害した男に無期懲役求刑 静岡地裁沼津支部
「許せない」夫が悲痛な訴え わいせつ殺害 静岡地裁支部で裁判員裁判
長期化で裁判員裁判審理は困難 替え玉殺人中国人妻に無期
殺人罪の被告に無期求刑 札幌地裁の裁判員裁判

10年度診療報酬改定の内容などを説明―国公私立大学歯学部長・附属病院長会議(医療介護CBニュース)
<皇太子さま>「楽しんで通学」愛子さま 50歳会見(4)(毎日新聞)
<郵政>654人天下り 公益法人の役職員37%(毎日新聞)
「寄付金使い果たした」黒澤財団理事長が陳謝(読売新聞)
橋下知事 大阪市長と激論 生活保護や府市統合構想など(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。