So-net無料ブログ作成

<着服>元公認会計士が30億円 容疑の35歳聴取 警視庁(毎日新聞)

 投資ファンドから預かった資金約30億円を着服したとして、警視庁捜査2課は17日、東京都港区六本木7、元公認会計士、二又正行容疑者(35)を業務上横領容疑で逮捕した。同課によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、経営コンサルティング会社「エフコンサルティング」(港区赤坂)の社長を務めていた今年1月、同社と事務管理契約を結んでいた投資ファンド3社から預かった計約30億円を十数回にわたり、着服したとしている。同課は、二又容疑者が横領した現金を外国為替証拠金取引につぎ込んだとみている。

 ファンド側が資金の流れをチェックしたところ不正が発覚し、今年2月に警視庁に告発していた。【酒井祥宏】

【関連ニュース】
振り込め詐欺:組織の「キング」に賠償命令 被害64人分
湖北土地改良区:前理事長ら横領の疑い 農水省が告訴要求
愛知高速交通:社員が8900万円着服…横領容疑で告訴へ
横領:JAおやま元職員、顧客の預金解約し1億5千万円
着服:商工会指導員が8100万円 愛知・岡崎

男性清掃職員、深夜バイト7年で1323万稼ぐ(読売新聞)
バスと乗用車衝突、17人けが…北海道大空町(読売新聞)
【高速道路新料金】一部区間無料化の開始は6月下旬(レスポンス)
「朝日新聞襲撃」名乗った男性自殺?遺体発見(読売新聞)
環太平洋FTAへ拡大会合=来月札幌で―日本もオブザーバー参加(時事通信)

<三菱UFJFG・米モルガン>業務提携拡大へ 両社長会見(毎日新聞)

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)の永易克典社長と米証券大手モルガン・スタンレーのジェームス・ゴーマン社長が12日、共同会見し、1日の日本での証券業務の統合を皮切りに、米国でのリテール(小口取引)業務など各分野に業務提携を拡大し、戦略的関係を深める考えを強調した。

 永易社長は、海外で協調融資など約100件の大型案件を成約するなど、モルガンとの提携効果が上がっていることを強調。「商業銀行として一流の三菱UFJFGと投資銀行として一流のモルガンが組むことで、巨大なビジネスチャンスが生まれる」と述べ、今後は米国でのリテール業務などでも業務提携する考えを示した。ゴーマン社長も「短期の利益追求でなく、長期的な戦略関係を築くことが重要」と指摘。モルガンが米検察の捜査を受けたとの米報道については「そのような事実はない」と否定した。

 三菱UFJFGは08年10月、金融危機で苦境に陥ったモルガンに約90億ドルを出資。今月1日には日本での証券業務を統合し、両社が出資する新会社2社を設立した。【大久保渉】

<雑記帳>双子のヤギ「りょうま」と「おとめ」 め〜コンビ(毎日新聞)
もんじゅ 国際標準化へ先手 米仏と協力、追う中印(産経新聞)
<家族5人殺傷>放火容疑で再逮捕…愛知県警(毎日新聞)
生きていた鳩山首相に強い味方が登場(産経新聞)
高浜4号機で冷却水漏れ=定期検査中、周辺影響なし−関電(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。